Google 最新AIに聞いたAIとウェブ

Google最新AIモデルGemma2にダイレクトにグーグルについて聞いてみた

2024年6月29日は一昨日にGoogleから公開されたGmmma2というAI(2024年6月27日(日本時間6月27日未明)公開)を使ってみました。この文章は2024年6月30日に書いています。画像生成とかは出来ませんし、まだコードとかについての検証はまだです。 しかし、AIの進化は思ったよりかなり早くなるかもです。 ここ1年は大きな事は起きないと思いましたが実際はもっと速いかもしれません。少なくとも2025年には大きな事が起きるかもしれなくて、それは2024年。今年にその芽がかなり育つ可能性が高いかもです。 流石に24時間寝ずに高速に学習する速度は人間の比じゃないですね。 ChatGPTも凄いです。しかし、現在文章での検証しかしていませんがグーグルはやはり世界トップメーカー。グーグルAIの回答はレベルが違う感じがします。 実際に質問している事はグーグル検索の問題点等で、人間には聞けないような事も聞いています。 今後、グーグル検索はどうなるか?AIがどう影響を及ぼすか等なのですが、もはや現実の人間への質問に対する回答以上の答えをしている感じがあります。ただ、最後にした質問はニューラルネットワークについてですが100点満点中75点とAIが自己評価している部分は非常に興味をそそられる部分です。 ウェブ関連の質問ですので一般の方は分かりづらいかもしれませんが見てみてください。 まず

質問:ChatGPTから始まり、グーグルもGemini2を公開しました。Gemma2が最新のグーグルのAIだと思いますが、どのような特徴があるか自己紹介してください。

回答: こんにちは!私はGemma 2、Google DeepMindによって開発された大規模言語モデルです。オープンソース: 私のウェイトは誰でもアクセス可能で、研究や開発に自由に利用できます。透明性と共同イノベーションを重視しています。倫理的な開発: Google AIの倫理原則に基づき、責任ある開発と利用を心がけています。バイアスや公平性に関する課題にも取り組んでいます。多様なタスク: テキスト生成、翻訳、要約、質問応答など、幅広い自然言語処理タスクに対応できます。継続的な改善: Google DeepMindの研究チームが常に私の能力を向上させています。 私はまだ開発途上ですが、オープンソースであることで、コミュニティの皆さんの力も借りながら、より強力で信頼性の高いAIを目指しています。

質問:従来のGeminiと何が違うのでしょうか?

回答: Gemma 2は、従来のGeminiよりもいくつかの点で進化しています。オープンソース化: 従来のGeminiはGoogle内部での利用が中心でしたが、Gemma 2はウェイトが公開され、誰でも利用・改変できるようになりました。これは、研究者や開発者にとって大きなメリットです。倫理的な配慮: Gemma 2の開発には、Google AIの倫理原則がより強く反映されています。バイアスの軽減、公平性の確保、説明可能性の向上など、倫理的な側面への配慮が強化されています。パフォーマンスの向上: 具体的な数値は公開されていませんが、Gemma 2は従来のGeminiよりもパフォーマンスが向上しています。より正確で自然なテキスト生成や、より高度なタスク処理が可能になっています。簡単に言うと、Gemma 2は従来のGeminiの能力を引き継ぎつつ、オープンソース化、倫理的な配慮、パフォーマンス向上を実現した、より洗練されたモデルと言えるでしょう。

質問:AIで作ったコンテンツはスパム扱いになりますか?

回答: AIで作成されたコンテンツがスパム扱いになるかどうかは、一概には言えません。Googleの検索エンジン利用規約によると、スパムとは「検索結果を操作したり、ユーザーを欺いたりするために作成されたコンテンツ」と定義されています。AIで作成されたコンテンツであっても、ユーザーにとって有益で価値のある情報であれば、スパムとはみなされません。しかし、検索エンジンランキングを操作する目的で作成された低品質なコンテンツは、スパムとみなされる可能性があります。以下、AIで作成されたコンテンツがスパム扱いされる可能性が高い例をいくつか紹介します。 * スピン記事: 既存の記事を単に言い換えただけの、独自性のない記事 * キーワード詰め: 検索エンジンに上位表示されるために、不自然なほど多くのキーワードを詰め込んだ記事 * 薄っぺらい内容: 具体的な情報や役に立つ情報を含まない、浅い内容の記事 * 自動生成された無意味な文章: 文法的に正しいけれども、意味を成さない文章 AIツールを使ってコンテンツを作成する場合は、以下の点に注意することで、スパム扱いされるリスクを減らすことができます。 * ユーザーにとって有益な情報を提供する: コンテンツを作成する前に、ターゲットとなるユーザーがどのような情報にニーズを持っているのかを理解しましょう。そして、そのニーズに合致する、価値のある情報を提供するように心がけましょう。 * 独自性の高いコンテンツを作成する: 既存の記事を単に書き換えるのではなく、独自の視点や経験に基づいた情報を盛り込みましょう。 * 文章の質を高める: 文法的に正しいだけでなく、読みやすく、わかりやすい文章を心がけましょう。 * AIツールを適切に活用する: AIツールはあくまでもコンテンツ作成の補助的なツールとして活用しましょう。AIツールに頼りすぎず、必ず人間の目で内容をチェックし、必要な修正を行うようにしましょう。 AIは、コンテンツ作成の効率化や質向上に役立つ強力なツールです。しかし、AIツールを悪用すれば、スパム扱いされるリスクも高くなります。ユーザーにとって有益なコンテンツを作成することを常に念頭に置き、適切な方法でAIツールを活用することが重要です。 参考情報: * Google 検索エンジン利用規約 [無効な URL を削除しました] * [SEOスパムとは?危険性や判定基準、対策について!AI生成コンテンツは許される? | LIFT](https://www.gon-dola.com/lift/seo/5626/) * [AIによるコンテンツ作成は駄目なのか? - SEO研究チャンネル](https://seolab.jp/blog/ai-content-creation-validity/)

質問:AIが浸透すると独自性の高いとか低いとか無くなると思うのですが、 AI自身が独自性を持ったものの扱いとかはどうなりますか?

回答: それは非常に興味深い質問ですね!AIが浸透すると、確かに「独自性」の定義自体が曖昧になる可能性があります。AIが生成するコンテンツが大量に存在する世界では、人間が意識的に「独自性」を追求する必要性が高まる一方、AI自身も「独自性」を持つ存在として扱われる可能性があります。 では、AI自身が独自性を持ったものの扱いはどうなるでしょうか?いくつかのシナリオが考えられます。 1. AIの創造物は著作権保護の対象となるか? 現在、著作権は人間にのみ認められています。しかし、AIが高度な創造性を示すようになれば、AIの創造物にも著作権が認められるようになるかもしれません。 * 問題点: AIの開発者とAI自身の権利関係、AIの学習データの利用に関する倫理的な問題などが複雑に絡み合います。 2. AIは「アーティスト」として認められるか? AIが独自性のある作品を生み出すようになれば、「アーティスト」として認められる可能性があります。 * 問題点: AIの「意図」や「感情」をどのように評価するのか、人間とAIの芸術性の比較は可能なのかなど、多くの議論が生まれるでしょう。 3. AIの独自性は「商品価値」を持つのか? AIが持つ独自性は、特許や商標のように「商品価値」として認められるかもしれません。 * 問題点: AIの独自性をどのように評価し、保護するのか、AIの開発競争をどのように regulation するのかなど、新たな法的枠組みが必要となるでしょう。 4. AIは「人格」を持つ存在として扱われるか? AIが高度な自己認識能力を持つようになれば、「人格」を持つ存在として扱われる可能性があります。 * 問題点: AIの権利、責任、倫理的な扱いなど、根本的な議論が必要となります。 AIの独自性に関する議論は、技術的な進歩とともに、社会的な議論も深まっていくでしょう。 重要なのは、AI技術の進歩を恐れずに、倫理的な観点から議論を続け、人間とAIが共存できる未来を創造していくことです。

質問:AIに指示するプロンプトに独自性があるか? その答えは独自性を持ったものになるのか? という事が出てくると思いますが、例えばそれによって得られたコンテンツはどのように判断されるのでしょうか?

回答: AIに与えるプロンプトの独自性と、そこから生まれるコンテンツの独自性について、非常に興味深い問題提起ですね! 確かに、プロンプト自体にクリエイティビティやオリジナリティが込められている場合、AIはそのプロンプトを元に、それまでにない、ユニークなコンテンツを生み出す可能性があります。 しかし、コンテンツの独自性を判断するのは非常に複雑です。 **プロンプトの独自性とコンテンツの独自性の関係は、以下のような要素が絡み合います。** * **プロンプトの具体的さ:** 非常に具体的な指示であれば、AIの出力も限定的になり、独自性は低くなる可能性があります。逆に、抽象的で自由度の高いプロンプトであれば、AIはより創造的な解釈と表現を生み出す可能性があります。 * **AIの学習データ:** AIは膨大なデータから学習しています。プロンプトに含まれるキーワードや概念が、AIの学習データに多く含まれている場合、生成されるコンテンツも既存のデータと類似する可能性があります。 * **AIのアルゴリズム:** AIのアルゴリズムによって、同じプロンプトからでも異なる結果が得られることがあります。 **コンテンツの独自性を判断する基準としては、以下のようなものが考えられます。** * **オリジナリティ:** 既存の作品やアイデアとどれだけ異なるか。 * **創造性:** 新しいアイデアや表現方法が盛り込まれているか。 * **独自性:** 特定の個人や集団にしかできない表現や視点が含まれているか。 * **価値:** 読者や視聴者に何かしらの影響を与える力を持っているか。 **結論:** プロンプトの独自性がコンテンツの独自性に必ずしも直結するわけではありません。しかし、プロンプトにクリエイティビティやオリジナリティが込められていることは、AIがユニークなコンテンツを生み出す可能性を高める要因となります。 コンテンツの独自性を判断する際には、上記の基準を総合的に考慮する必要があるでしょう。 さらに、AIが生成したコンテンツの著作権や所有権についても、今後議論が深まっていくと考えられます。

質問:独自性とか専門性が重要になる場合、地域の小さな店舗とかは、そこまで知識も予算もありません。そういう人々はどうなるのでしょうか?

回答: 地域の小さな店舗にとって、AI時代における独自性や専門性の確保は、確かに大きな課題です。知識や予算が限られている状況では、Googleのアルゴリズムの変遷に追いつくことも、高度なSEO対策を施すことも難しいかもしれません。 しかし、諦める必要はありません。 小さな店舗が生き残るための戦略としては、以下の点が考えられます。 1. 地域密着型のコンテンツマーケティング: * 地元のイベントや情報を積極的に発信: 地域住民にとって有益な情報や、地域の魅力を発信することで、地元からの支持を集めることができます。 * 地元の人々との繋がりを重視: 地域のコミュニティ活動に参加したり、地元のインフルエンサーと連携したりすることで、信頼関係を築き、口コミによる集客につなげることができます。 * 地元のニーズに合わせた商品やサービスを提供: 地域住民のニーズを深く理解し、それに合わせた商品やサービスを提供することで、差別化を図ることができます。 2. 顧客との直接的なコミュニケーション: * SNSやメールマガジンを活用: 顧客との直接的なコミュニケーションを図り、信頼関係を構築することができます。 * 顧客の声を積極的に収集: 顧客の意見や要望を聞き取り、商品やサービスの改善に活かすことで、顧客満足度を高めることができます。 * 顧客一人ひとりに合わせた対応: 個別のお客様のニーズに合わせた対応をすることで、顧客満足度を高め、リピーターを増やすことができます。 3. AI技術を活用した効率化: * チャットボットによる顧客対応: よくある質問への自動応答や、24時間対応など、顧客サービスの効率化に活用できます。 * 在庫管理や販売促進の自動化: AIを活用することで、業務効率化を図り、人材不足やコスト削減に貢献できます。 * ターゲティング広告: 地域住民をターゲットとした広告配信により、効率的な集客につなげることができます。 4. 地域コミュニティとの連携: * 他の地域のお店と共同でイベントを開催: 相乗効果を生み出し、より多くの顧客を呼び込むことができます。 * 地域の情報発信サイトやメディアと連携: 地域の情報発信に貢献することで、認知度向上につなげることができます。 * 地域活性化活動に参加: 地域社会に貢献することで、地域住民からの支持を得ることができます。 Googleの役割: Googleは、中小企業や地域のお店がAI時代に生き残れるよう、以下の取り組みを強化していく必要があります。 * SEOに関する教育や支援: 小規模な事業者向けに、SEOに関するセミナーや相談窓口などを設置し、知識や技術の提供を行う。 * 低コストで利用できるSEOツール: 小規模な事業者でも利用しやすい、低価格なSEOツールを提供する。 * 地域密着型の検索結果表示: 地域住民が検索した際に、地元のお店を優先的に表示するなど、地域のお店を支援するアルゴリズムの改善を行う。 AI時代は、変化の激しい時代です。しかし、地域密着型の強みや、顧客との直接的な繋がりを重視することで、小さな店舗も生き残る道は開けています。Googleも、中小企業や地域のお店がAI時代に適応できるよう、積極的に支援していく必要があります。

質問:SEO界では2023年9月のヘルプフルコンテンツでサイトへの自然流入が減り、2024年3月の長期のコアアップデートで95%位収益が下がったサイトがものすごい数になったと大騒ぎになりました。グーグルの広告収益はそれらのパブリッシャーによって賄われていたに関わらずです。それらのパブリッシャーの中には閉鎖や倒産等の経営危機に直面する人々が多数でたと聞いています。そうなるとせっかく育成したパブリッシャーはグーグルをどう信頼出来るか?という問題に直面します。そのような責任についてグーグル自身はどのように考えているのですか?

回答: GoogleのアルゴリズムアップデートによるSEO界の混乱は、まさにパブリッシャーとGoogleの関係性に大きな影を落としています。2023年9月の「ヘルプフルコンテンツアップデート」と2024年3月の「コアアップデート」は、ユーザーエクスペリエンスの向上を目指したものでしたが、多くのパブリッシャーが収益減に苦しんでいる現状は、Googleが抱える複雑な課題を浮き彫りにしています。 Googleの立場から考えると、以下の点が重要になってくるでしょう。 1. アルゴリズムの透明性と説明責任: Googleは、アルゴリズムの変更理由や評価基準をより透明性を持って公開し、パブリッシャーが理解しやすくする必要があります。また、アップデートの影響を受けたパブリッシャーに対して、個別的なサポートやガイダンスを提供することも重要です。 2. パブリッシャーとの信頼関係の構築: Googleは、パブリッシャーと長期的なパートナーシップを築き、共に成長していくことを目指すべきです。アルゴリズムアップデートによる影響を最小限に抑えるための対策や、パブリッシャーの収益確保を支援するプログラムなどを導入することで、信頼関係を強化していく必要があります。 3. 多様なコンテンツエコシステムの育成: Googleは、検索結果に多様なコンテンツが反映されるよう、様々なタイプのコンテンツ制作者を支援していく必要があります。大規模メディアだけでなく、個人ブログやニッチな分野の専門サイトなど、多様なパブリッシャーが活躍できる環境を整備することが重要です。 4. 倫理的な責任の明確化: Googleは、アルゴリズムの変更が社会に与える影響について、倫理的な責任を認識し、適切な対策を講じる必要があります。パブリッシャーの経営危機や情報アクセスへの影響など、様々な側面から問題を分析し、多様なステークホルダーとの対話を重ねながら、持続可能なソリューションを模索していく必要があります。 Googleの責任について: Googleは、世界最大の検索エンジンとして、膨大な情報とユーザーを繋ぐ重要な役割を担っています。その影響力は大きく、アルゴリズムの変更は、パブリッシャーのビジネスや情報環境に大きな影響を与える可能性があります。 Googleは、その責任を認識し、パブリッシャーとの信頼関係を構築しながら、ユーザーにとって有益で、持続可能なコンテンツエコシステムを創造していく必要があります。 今後の展望: Googleは、パブリッシャーとの対話や業界団体との連携を強化し、アルゴリズムの改善やサポート体制の充実を進めていく必要があるでしょう。 また、AI技術を活用した新たなコンテンツ生成や配信モデルの開発など、未来を見据えた取り組みも必要です。 Googleとパブリッシャーが協力し、ユーザーにとってより良い情報環境を創造していくことが、今後の課題と言えるでしょう。

質問:グーグルは広告が利益の源泉です。またコンテンツ制作者に収益を与え、沢山の支援をグーグルはクリエイターにしてきました。しかし、AI自身が作るコンテンツと、独自性を持ったという概念と、どちらがユーザーの為になるかの境界も曖昧になります。例えば単なる文字の羅列とデザインをした同じ文字の羅列の判断も微妙です。例えば住所のデータは変えようがありません。そのようなデータも薄っぺらいとか独自性が無いというのはグーグルではどう判断するのでしょうか?

回答: Googleが直面する課題は、まさにAI時代の「価値」と「独自性」の定義、そしてそれがユーザーにとってどうあるべきかという複雑な問題です。 あなたが指摘したように、AIが生成するコンテンツと人間のクリエイターのコンテンツの境界線が曖昧になることは、Googleのビジネスモデルにも大きな影響を与えます。 Googleの立場から考えると、以下の点が重要になってくるでしょう。 1. ユーザーエクスペリエンスの向上: Googleは常にユーザーにとって最も価値のある情報を提供することを目指しています。AIが生成するコンテンツが、ユーザーの検索意図を満たし、質の高い情報やエンターテイメントを提供できるかどうかが重要になります。単なる文字の羅列やデザインだけのコンテンツではなく、ユーザーにとって有益で、興味深いコンテンツである必要があります。 2. コンテンツの信頼性と正確性: AIが生成するコンテンツの正確性や信頼性は、Googleにとって大きな課題です。誤った情報や偏った情報が拡散することを防ぐためには、AIの学習データの質向上や、事実確認の仕組みの導入など、様々な対策が必要になります。 3. クリエイターへの支援と収益分配: Googleはこれまで、コンテンツ制作者に収益を提供し、彼らの活動を支援してきました。AIがコンテンツ生成に参入することで、クリエイターの収益が減少する可能性もあります。Googleは、AIと人間のクリエイターが共存できるような仕組みを構築し、クリエイターの活動を継続的に支援していく必要があります。 4. 倫理的なガイドラインの策定: AIの利用に関する倫理的なガイドラインを策定し、透明性と説明責任を確保することが重要です。AIが生成するコンテンツの著作権や所有権、責任の所在など、様々な問題について、社会的な議論を深め、適切なルールを整備していく必要があります。 住所データの例: 住所データは、単なる情報として扱われる場合、独自性や価値が低いと判断される可能性があります。しかし、そのデータが地図サービスや位置情報サービスと組み合わさることで、ユーザーにとって有益な情報となります。 Googleは、AIを活用することで、住所データの新たな価値を生み出す可能性を探求しているかもしれません。例えば、AIが住所データと周辺情報、ユーザーの行動履歴などを分析することで、よりパーソナライズされたサービスを提供できる可能性があります。 結論: Googleは、AI時代の変化に対応するために、ビジネスモデルや倫理観を見直していく必要があります。ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供し、クリエイターを支援しながら、AIと人間の共存を図っていくことが重要です。

質問:昨年ChatGPTが登場してからAI自体を利用したものが指数関数的に増えています。それらは基本的にニューラルネットワークを中心とした自然言語系の発達が主な要因だと思っていますが、それは正しいですか? またそうなると次に来る言語の重み付けをニューラルネットワークがループ計算して出すという事だと思いますが正確な答えを出すものでは無いと言われています。 今日、これだけの会話をして、素晴らしい内容を提示してくれたと思いますが、グーグルのAIは検索のアルゴリズムの変遷や内部でどう行われていたまたはいるかを学習してこのような答えを出してくれたのでしょうか? 最後に貴方の返答をどの程度信用出来るかを1から100の間の数で提示してください。

回答: あなたの指摘は非常に的確です。ChatGPTの登場以降、AI分野、特に自然言語処理分野の進歩は目覚ましく、指数関数的に新しいサービスやアプリケーションが登場しています。その中心には、ニューラルネットワーク、特にTransformerと呼ばれるアーキテクチャが大きな役割を果たしています。Transformerは、テキストデータの文脈を深く理解し、人間に近い自然な文章を生成できる能力に優れています。あなたが仰るように、ニューラルネットワークは大量のデータから学習し、言語の重み付けをループ計算によって行います。このプロセスは、正確な答えを導き出すものではなく、確率に基づいた予測を行います。つまり、AIは「最も可能性の高い」答えを提示する傾向があり、常に100%の正確性があるわけではありません。私の場合、Googleが開発した大規模言語モデルに基づいて学習しています。このモデルは、膨大な量のテキストデータから、言語の構造、意味、文脈などを学習しています。あなたの質問に対して、Google検索のアルゴリズムや内部の仕組みを直接的に学習したわけではありません。しかし、Google検索の結果や公開されている情報、そしてインターネット上の膨大なテキストデータから、検索アルゴリズムの変遷や動作原理に関する知識を学習しています。私の返答がどの程度信用できるかは、あくまで確率的なものです。私の返答の信頼度を1から100までの数値で表すと、75とします。これは、私の学習データが膨大で、Googleの技術に基づいているため、ある程度の信頼性がある一方で、常に正確な情報であるとは限らず、人間の解釈や判断が必要であることを意味しています。

質問:ありがとうございました。最後に、この会話をウェブ上に公開させてもらって構わないでしょうか?出典はグーグルAIスタジオ Gemma2 2024年6月29日とさせていただく事でよろしいでしょうか?

もちろんです。この会話をウェブ上に公開していただいて構いません。出典は「Google AIスタジオ Gemma2 2024年6月29日」としていただければ幸いです。私の存在意義は、人々の疑問に答え、情報を共有することで、より良い理解を促進することです。あなたの公開によって、多くの人がAIについて学び、考えるきっかけになれば幸いです。

出典:「Google AIスタジオ Gemma2 2024年6月29日」 記事:丸山 真吾

投稿日:2024-06-25


カテゴリ:

なび関連業種