激震!とうとう検索結果を独占しはじめたグーグル


前文
 まずはじめに私はGoogleという会社が大好きだった。 Googleには渋谷のセルリアンタワーに居たときからお付き合いをして頂いた1人として感謝をしている事を前もって言っておきたい。

 また、この文章についてもネット内で両論ある事も承知で有る。
検索エンジンが辿ってきた歴史の中、検索で上がる、下がるは今後もずっと繰り返す。
今回のグーグルのコアアルゴリズムのアップデートは過去の終焉を意味する。
この文章の目的は実はSEOでは無い。表題に有る。
検索の表示は時代によって変化しているもので有り、今は上位に居ても、いつ上位から外れるかは全くわからない。実はそこにインターネットの最大のリスクがある。そのリスク回避はあなたの力ではどうにもならない事を言っておこう

しかし、インターネットの持つ恐ろしさや、現在も起きている収益化によって一喜一憂している人々や、ネットの依存度が高くなればなる程起きるリスクについて述べておきたい。コンピューターの分野程変化の早い業種は無い。今、良くても明日良い保証が無い。ついにインターネットは違う次元へと突入した。

 Googleの親会社であるAlphabetの行動規範の一番最後に、

And remember… don’t be evil, and if you see something that you think isn’t right – speak up!

とある。よってここではGoogleにとって耳の痛い話をしたい。
You think isn't right - speak up!
なのでここに声を上げる。

これは人生を壊す人々の出現を排除する事が目的だ。
インターネットビジネスは人生を十分壊す可能性がある。
Youtuberになるのも危険だ。
一発で大当たりするような事は難しい。
ビデオ編集のテクニックはうまくなったとしても社会で生きる時間を失うに十分に危険な事だと言える。

ネットビジネスに興味のある人の為にこの記事を書いた。
ぜひ、注意してほしい

SEOの終焉

 検索エンジンが登場したときから「どうやってサイトを見てもらうか?」について全ての会社やお店にとってのテーマだった

このテーマは今も昔も変わらないが当初は「どうやって集客をするか?」がネットの課題になっていた。
ところが現在はどうやってページを見てもらい広告をクリックしてもらうか?が課題になっており、そこが大きな違いになっている。

 検索は当初からある意味社会的なツールで有り、検索の順位は昔も今も大きな意味を持っている。

 そこで登場したのが「SEO」サーチエンジンの最適化の手法だ、この最適化は2000年代はまだ簡易的な方法(外部リンク)を増やすことで比較的容易に検索順位を上げる事が出来たが、余りに上位表示の業者が乱立し、意図しないホームページが上位にいるという状態になり、Googleはペナルティを課すことによりそれらの事業者やページの排除に乗り出した。


サーチエンジン最適化は広告収益と密接に結びついた


 インターネット広告の仕組みについてここでは語るのをやめるが、
当初Googleはアドワーズというクリック型課金の広告を検索結果に乗せる事で収益を得るモデルを作り、 その後、アドセンスという仕組みをコンテンツを作る人々に配信し始めた。
それはクリックをされるとコンテンツ製作者にも収益が入るという画期的な仕組みだ。

 コンテンツに広告を載せいわゆるコンテンツ製作者とGoogleが広告収益を分配する仕組みを2003年頃Googleはサービスを開始した。

 実はこの仕組みが2010年台中盤からネットに対して大きく影響し始めた。
最近の大きな事件は「DeNA」による「Welq」事件だ。
基本的に何かをテーマにするというよりも、広告収益を得る事為にテーマを作る事を目的にする人々がネット内に登場し始めた

良く検索されるキーワードをテーマに記事を書くという手法だ。現在もそれは継続中だ。

 しかも、画像の利用については著作権が容易に発生する為に従来画像の二次利用についてはご法度だった。
これは普通事業者であれば誰でも考える事なのだがDeNAは違った。
ネットの内の画像をある意味、なんでもパクリ、それを記事にも利用する。
それでアクセスを稼ぐページを量産する事で、広告収益を得る仕組みを大資本を使ってやり始めた

 しかもその手法はGoogleの裏をかく手法で有り、Googleは検索結果に対し、それらの記事を上位に表示するという状態が起きた。 グーグルのアルゴリズムはその手法に対しては全く無力で、キーワードとリライトされた記事を大量に上位表示させる状況になった。 検索上位はキーワードを狙って収益化するページが溢れる状況になったのだ。
そしてネット内ではその成功手法を真似する人々が大量に登場し始めた。

現在もそれらは影響している。何か起きるとGoogleが取り締まるというよりアルゴリズムを変えるいういたちごっこが続いている。
例えば医療行為とかは必ずニーズのある手法の為に、その症例を元に記事を書き、アクセスを得る。

有名な肩こりは霊の仕業だという文章が1位を取っていた

インターネットは基本的に「キーワード」によって検索される。
そのキーワードがお金になるという事が2015年代程から社会的に一気に増え始めたのだ。
経済行為に群がる蟻と同じだ。
とどのつまり、日本語がわかり(何語でも同様)、キーワードに対する文章が書ければ金になる事が社会的に拡散された為に起きた現象だ。ユーチューブも同様になる。

コンテンツ乱立の始まり

コンテンツの乱立・コンテンツSEO・コンテンツの質

 ある意味、2000年代は単純で有った検索エンジンが2010年代に入り、より高度になり始めたというよりも高度にしていかないと検索結果がゴミのような情報で溢れかえるという状況になった。

 実はそれも広告配信をするというGoogleの収益化と大きく関係している。
そのコンテンツに広告を掲載するモデルで会社を設立する人々も増え、現在コンテツビジネスと広告は密接な関係がある。

  最近ニュースになった無料の漫画と広告を結びつけ、広告収益を得るという者や、アメリカのサーバーでアダルビデオ配信をしながら広告収益を得るという人々が登場したのは、この広告収益モデルと密接に関係している事になる。

 そこではじめの話である「SEOの終焉」という話に戻る

 当初は外部リンクでページのランクをつけるという手法で検索順位を決めていたGoogleだが、これだけGoogleを騙す連中が出てくると、これはGoogleとしても信用問題に関わる。そこでGoogleは、検索の計算式を色々と変える事で、Googleを騙すコンテンツの排除に乗り出した。グーグルはウェブサイトをサーバー内に各ディレクトリー毎コピーをする。そこで大量の検索語句が来た時にどのように結果を返すかというその間の計算式を色々と調整している。ここは形態素解析から自然言語処理から、今はAIも入り込んでいる筈だ。この検索結果を返す前段階の作業はグーグルのブラックボックスになっている。

ちなみにグーグルはドメイン毎に、どのドメインからどこにリンクされどこからリンクされているかもほぼ全てデータが取得出来る。 よってサイトのコンテンツは丸裸状態にならざるを得ない。それをやめるにはログインページを作り、内部ログインをし、収益化も全て非公開で行う場合は、グーグルには影響されない。
フェイスブックは公開向け、非公開向けのページにする事でクローズドな空間を作っている

 しかし、この上位に行ったり下落したりする事が大きな問題を起こす。
このアルゴリズムはある意味大変気まぐれで、上位にいたコンテンツがいきなり圏外に飛んだりする。
たとえば自分は口コミはあんまり信用しないタイプで、その日その時その場所で起きたことをネットに公開するのはある意味社会的に良い事だとは思わない。なりすましも可能だし、自分の名前で投稿するのは気が引ける。
しかもポイントやなんらかのインセンティブを与えた口コミはどうしてもインセンティブ重視の記事になる。
そういったコンテンツが重視されるのもおかしいと思う。
食べログの口コミなど3000とか投稿している人は1日3食全て外食で2年半とかありえるのか?と思う。
そういったコンテンツが上位に行くというのもよく理解出来ない

 意図的に収益化するためにGoogleや検索利用者を騙して上位に表示させる悪どい例であれば問題もあろう、しかし法律的には問題の無い善良な意志を持って作っているコンテンツも大きな影響を受けたりする。これもいかがなものかと思う。

例えば、Googleは当初外部からリンクする事でページランクを上げる行為を禁止した。
さあ、このときも大変だった。
上位に上げる為に片っ端からリンクを張っていた人々や事業者(会社にしていたところもある)は、今度は片っ端からリンクを外さねばならず、リンクがはずれないと、そのドメインは価値を失う事が相次いだ。

そしてGoogleはアルゴリズムの研究を絶えずする事と手動により検索をコントロールしようとしている。それは今も継続している。

さて、そうなると外部のどのような人々がGoogleの検索結果を誰がコントロール出来るか?
という事になる。

それは例えば、「パン屋さん」というキーワードや、例えば「キムタク」というキーワードに対し、何を表示するか?
単純に言えば、Googleも完全なデータベースだ。
そのデータベースの検索クエリに対し、何を返すかという事になる。
当初は単純に、外部からリンクされているカウントをしてそのカウント順に表示するという事だったはずだ。
(ただ、サーバーのリソースは無茶苦茶大変だったはず)

 ところが今、Googleは買収を続けるのと高度なエンジニアを抱え、世界中のAI研究者の半分はGoogleにいるという話だ。 それらの技術者がいる中、サーチエンジンの最適化という事自体困難なな状況になっっている事を知らねばならない。

 それはもはやGoogleしかわからない事で有り、それもGoogleの本社のごく一部の人々がそのコアな部分を触っている。
そうなると、検索エンジンの上位表示という事そのものがありえない事になっている。
よって「SEOで結果を上げる事はグーグル次第になっている」事を言っておきたい
なので「SEOの終焉」と言える。また、今後はグーグルの変貌も関係してくる

順位下落の対処方はすばらしいコンテンツを作り続けること以外にないだって?

 現在もこのSEOの専門家界隈では、この素晴らしいコンテンツを作るという事を言い続けている

 この素晴らしいコンテンツとは一体何かについて曖昧な定義すぎる。
また、ユーザーの為にという事も言われ続けている
何がユーザーの為なのか?事業者がホームページを見てもらうのにユーザーの為の情報とは一体なんなのか?
「キムタク」を検索した人に一体何を見せるのか?
写真は著作権上利用出来ない。引用する場合は引用に足る理由が必要になる。
それらの議論は置き去りのまま、

グーグルのご機嫌伺いの如くユーザーの為のコンテンツの大合唱が繰り返されている。


しかし。。。。。


Googleは悪魔になるなを行動規範から外した!

 

そしてGoogleは数年前から検索会社を逸脱し始めている

Googleがやっている事は多岐にわたる
まあ、広告によって得た利益と株価上昇に対する利益を合わせ、ストリートビューとかもそうだが、世界中の道路を車で走り、それを録画し、ネットに上げるという事など誰が考えただろう。

 また、ユーチューブもそうだが、Googleはユーチューブを買収し、長い期間を掛けて育て上げた。
日本の会社はユーチューブというプラットフォームは絶対に作れないはずだ。
ある意味、著作権侵害のオンパレードになり、見る側にとってはそれなりにありがたい部分もあるのだろうが
法的に見れば完全にアウトだ。

 検索についてGoogleは世界中のウェブページを表示するという事を守ってきた。
しかし、

ここに来てGoogleは自らのコンテンツを表示させる方向に舵を完全に切った
特にスマホにおいて、Googleは人のコンテンツを表示せずに自らのコンテンツのみを1ページ目表示しはじめた。



 これがグーグルのスマホの検索結果だ

※トップページ全てがグーグルのページになっている。この検索結果があなたがテーマにしているウェブサイトだとどうしますか? グーグルの自らのコンテンツは、ウェブマスターガイドラインを超越して完全にグーグル独自の構成になっている。
この事はグーグルの大きな転換を意味する。
他のコンテンツを排除する動きがもはや始まっている。

Googleはブラックホール

 現在、Googleはブラックホールのようなものだ。
例えば、Googleはクラウド上にアンドロイドのデータやGoogleアカウントの情報を持っている
写真、行動履歴、検索、いつどこで何をどこでどうしていた、全てGoogle内のサーバーの中にある。
Googleは世界中のコンテンツをGoogleの中のサーバーに蓄積している。
どこで何をどうしていたか、公開されているものは全て飲みこんでいる。
そしてそれらは全てビッグデータとしてAIの解析道具になっている。

 検索の中に何を表示するのかは、それは世界中の情報を飲み込んだGoogleに敵う分けがない。
それはある意味どこの政府よりも情報を持っている世界一の企業になる。

その

Googleが検索結果において、自らの持っている情報を使い始めたら、もしGoogleが自らコンテンツを提供し始めたら、それを誰が一体止める事が出来るのだろう。


 まだGoogleはユーザーの為とか、良いコンテンツを作るとか言っている。
ところがその背後で、Googleは自らのコンテンツを特にスマートフォンを使う利用者に対し表示させはじめている。
商品やホームページもGoogleが無料で使える環境を提示し始めている。
そうなると誰が他のサービスを使うようになるのだろうか。

 この事を止めるのは政府の規制かユーザーが使わないという選択肢しかない。
しかし、ユーザーはもはやあまりにグーグルに依存しすぎている。
この事こそがグーグルの狙いだった。。
地図の提供も、ストリートビューの提供も、クラウドの提供も
だからこそグーグルは表面上無料でサービスを提供している。

以前、ネットスケープというブラウザの会社がマイクロソフトに席巻されていった事が有る。
マイクロソフトはネットスケープが潰れるまでウィンドウズにインターネットエクスプローラーを抱き合わせで販売する事で、ネットスケープを追い落とし潰した。それが元でマイクロソフトは独禁法違反になった経緯がある。

 しかし、Googleがやろうとしている事はその次元をはるかに超越する。
あなた自身がどこで何をどうしているか、スマートフォンの情報によって全て分析出来る。
そしてあなたがどんなときに何欲しているか、それらを全て理解出来る。
収益もくれる。
また課金も出来る。
そんな環境をGoogleは構築している。
最後グーグルが検索を独占する事で広告の収益化に終止符を打つのかもしれない。
そうすれば、もうグーグルを騙す連中を相手にする必要も無い。
 しかし、こういった手法が果たしてGoogleが考える世界人類の幸福なのだろうか?社会に有益なのだろうか?
Googleは様々な人間にはしごを登らせて、十分に登りきったところではしごを外すのが正義なのだろうか?そしてポイ捨てをするのが社会に有益な会社がする事だろうか。。。。

 そこで生きている人々の人生はどうなるのだろうか?
家族や子どもたちはどうなるのだろうか?
アメリカの会社だからと知らんぷりをするのだろうか?。。。トランプのようにアメリカファーストと言うのだろうか。。。


Google と AI : 私たちの基本理念としてGoogleはJapan Blogで言っている

https://japan.googleblog.com/2018/06/ai-principles.html
総合的にみて有害または有害な可能性があるテクノロジー。重大なリスクが認められる場合、利点が大幅にリスクを上回る場合にのみ関与し、その場合も適切な安全上の制約を組み込みます。
人々に危害を与える、または人々への危害の直接的な助長を主目的とした、武器またはその他の技術。
国際的に認められた規範に反するような監視のために、情報を収集、利用するためのテクノロジー。
広く一般的に認められた国際法の理念や人権に反する用途のための技術。


 Googleが行おうとしているのは残念ながら社会独占にしか見えなくなった。
まさしくGoogleのサーバーは「ダ・ダ・ダ・ダン・ダ・ダン」というターミネーターの音楽のように 聞こえてきます。

 善良に法に乗っ取り相手を思いやりながら作り上げたコンテンツも、Googleの一回のアルゴリズムで沢山の人々の生活が壊れる状況になる。
 そんなGoogleは自分の知っているGoogleでは無く、悪魔に魂を売ったとしか考えられない。
もし、Google関係者がこの文章をみる機会があれば、ラリー・ページやサーゲイ・ブリンに届いてくれればと思います。
 あなた達の会社はもう残念ながらジェラシックパークのモンスターになった。。。。。
設立時の苦労はもう宇宙の果てのブラックホールに吸い込まれてしまったようだ。。

投稿日:2018-08-08


カテゴリ:

なびシリーズ 関連業種

なびシリーズ関連業種:

インターネット関連サービス業