http://で始まるこのページは保護されていません。SSLページに移動する。

ことぶき不動産鑑定所(不動産鑑定業|台東区)TEL:03-6869-4626【なび東京】

なびシリーズで店舗を宣伝しませんか。
なび東京 >  東京都 不動産鑑定業 >  台東区 >  台東 >  ことぶき不動産鑑定所

ことぶき不動産鑑定所の取扱業種

東京都台東区 不動産鑑定業編集

ことぶき不動産鑑定所

03-6869-4626

〒110-0016 東京都台東区台東4-31-1ー103

営業時間 : 午前10:00~午後20:00 無休(土日祝も対応させていただきます。)

※営業時間や定休日は変わる可能性があります。

なび東京 利用者様参加!ボタンを押して投票しよう!

口コミ 0

ことぶき不動産鑑定所の地図▲トップ

   地図写真
ことぶき不動産鑑定所さんへの経路を調べる

今の場所から何分位で行けるでしょうか?!
は混んでいる?!

紹介文 - ことぶき不動産鑑定所編集

不動産鑑定だけではなく不動産についてお悩み・ご不安を抱えていらっしゃるお客様に、弁護士、税理士、建築士、土地家屋調査士等の各種専門家と連携し、ワンストップで最善の解決策を提供しております。最近では、借地の更新料や底地の売却、空き地・空き家・アパートの空室対策でお悩みの地主さま・家主さま、相続(遺産分割)や所得税・相続税の節税対策で頼れる専門家をお探しのお客さまからのご相談が増えております。ご相談・解決策のご提案まではすべて無料サービスとして承っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

店舗情報 - ことぶき不動産鑑定所編集

会社名・店名 ことぶき不動産鑑定所
住所 〒110-0016東京都台東区台東4-31-1ー103Map

トウキョウト タイトウク タイトウ 4チョウメ

最寄駅 JR御徒町(0.2km) [駅周辺の同業者]
駐車場
営業時間 午前10:00~午後20:00 無休(土日祝も対応させていただきます。)
電話 03-6869-4626
ホームページ https://kotobukikantei.jp
メールアドレス tokumei@kotobukikantei.jp

写真 - ことぶき不動産鑑定所▲トップ

写真の投稿はこちらから。
ことぶき不動産鑑定所の写真がみたいです!
投稿は下のボタンをクリックしてね!

写真を登録しねて!

写真の投稿は登録されている事業者さんも利用者さんもみんなが出来るよ!地域の情報!皆で盛り上げよう!

写真を登録はここ(事業者) 口コミから写真を投稿はここ

口コミ - ことぶき不動産鑑定所▲トップ

クチコミ&レビューをお願いします。
ことぶき不動産鑑定所様の好きなところ・感想・嬉しかった事・有難かった事・あなたの声をみんなとシェアしてね!

口コミを投稿して事業者を応援しよう!

ペンネーム: 写真:

利用規約(投稿に際しての注意事項)をお読みいただいた上で投稿お願いします。

商品紹介 - ことぶき不動産鑑定所▲トップ

借地トラブルの多くは、金銭的な問題であることが多いといわれています。特に、いわゆる一時金と呼ばれる、更新料、建替承諾料、増改築承諾料等はまとめて一時期に支払われるものですので、その金額の多寡は双方にとって重要な関心事となります。更新料といっても、相場がどうなのか、そもそも払う必要はあるのか等当事者もよく分からないという場合が多く、更新料がどの程度であるかを示す指標が一般に公開されていないことから、当事者間での話し合いで決めているというのが実情でしょう。目安は更地価格の3~5%、借地権価格の5~10%等の情報をインターネット上や書籍で見かけることがありますが、その根拠や真相は定かではありません。現実的には、このような情報を頼りに当事者間で金額を決めることも多く、それがひとつの相場として形成されていく面も否定できません。当事者間の認識にあまり差がなく、話し合いで決まる場合はともかく、両者の金銭感覚に大きなズレがあると感情的にも険悪な関係となり、最終的には裁判に発展することも珍しくありません。できれば、そのような争いにならないよう、適正な水準で合意し、円満に解決したいところです。では、その適正な水準はどのように判断したらよいのでしょうか。双方の関係が悪化するのは、この適正な水準が分からないことに尽きるともいえます。一度争えば、それは後世にも影響しますから、こういうときこそ専門家の知識、経験を活用することをおすすめします。では、更新料等の一時金の適正な金額については、誰に相談したらよいのでしょうか。それは、不動産の市場価値等を判定する唯一の職業専門家である不動産鑑定士に相談するのが無難です。法律によって、不動産鑑定士は不動産の価格・賃料に関して鑑定評価をおこなうことができる唯一の資格者とされており、裁判においても、裁判官は提出された不動産鑑定評価書を参考とし、当事者の主張をききながら正当な更新料等を判断します。このように不動産の価格や賃料が争われる裁判では、主張を立証する根拠資料として不動産鑑定士による鑑定評価書が活用されるのが通常です。誰に相談すべきか迷われているお客さまは当鑑定所にご相談いただくと、ワンストップで提携する弁護士、税理士等と連携してアドバイスさせていただきますのでご安心ください。ご相談は無料ですので、お気軽にお問合わせください。

借地の更新料等無料相談サービス【不動産鑑定/東京】

誰に相談すべきか迷われているお客さまは当鑑定所にご相談いただくと、ワンストップで提携する弁護士、税理士等と連携してアドバイスさせていただきますのでご安心ください。ご相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

底地(貸宅地)の売買無料相談サービス【不動産鑑定/東京】

底地は、借地権が正当事由制度等法律面で強く保護されているため、将来にわたりその活用が制限されており、一般的に地代が安く、収益性は低いものとなっています。このため、一般にその市場価値は低く、その整理に関心の高い地主は多いことでしょう。
その一方で、借地権は建物の建替えや増改築等をおこなう際にいちいち地主の承諾を得るために一時金を支払わなければない等の制約があるために、完全所有権とくらべて不都合な点が多く、金銭的な問題さえクリアされれば底地を買い取りたいと考える借地人も多いことでしょう。
このように、地主、借地人双方が関係解消に前向きな場合は、条件次第で整理がつくでしょうが、先祖代々のトラブルが尾を引き、感情的な問題もあいまってなかなか話し合いが進まず、更新・相続を繰り返すことによっていつまでも解消されないケースが多いというのが実際のところです。
ここでは、地主側から解決に向けて歩み寄る(割り切って交渉を始める)場合を考えてみます。
地主の立場からは、底地を第三者に買い取ってもらう方法も考えられますが、土地利用のできない底地の市場価値は借地権よりも著しく低く、余程の安値でなければ一般から買い手を見つけるのは困難でしょう。したがいまして、底地は借地人に売却するしかないというのが実情で、現実的にはそのほうが合理的でもあるのです。ここで合理的といったのは、最も底地を必要とするのが借地人であり、最も高値で売却できる可能性があるからです。
なお、交渉に際しては、自分で計算した価格査定書や不動産業者の査定書等の簡易なものでは、相手方も納得しないでしょうから、スタート時点でしっかりと専門家の見解を示した不動産鑑定評価書を用意されることをおすすめします。それが結果的に早期解決にもつながることでしょう。
もっとも、両者の関係が良好であれば、借地権と底地の共同売却といった合理的な方法も選択肢に入ってきます。この場合は、価格の配分が問題となりますが、ここでも鑑定評価を活用することで後々のトラブルを回避することができます。
どうしたら良いか迷われているお客さまは、まずは当鑑定所の無料相談サービスをご利用ください。必要に応じて、弁護士、税理士の先生方と連携し、最も費用対効果の見込めるご提案を提供させていただきます。

相続税対策の無料相談サービス【不動産鑑定/東京】

相続税法が改正され、相続税の申告納税者が増える傾向にあり、これを背景に相続税の節税対策に関心をもつお客様からのご相談も増加しております。節税対策にあたっては、相続税だけに焦点を当てるのではなく、贈与税や所得税の税負担をも総合的に検討していく必要があります。なお、日本における相続財産の過半は土地です。しかも相続財産の多い人ほど相続財産全体に占める土地の割合も高くなっています。したがいまして、相続税対策の中心は土地についての対策となります。節税対策には、生前にいかにして次世代へと財産を移しておくかという観点からの財産移転対策と財産価値を減らすことなく時価と相続税評価額(課税価格)とのかい離等を利用する相続税評価額の引き下げ対策とがあります。まず、財産移転対策についてですが、相続税軽減のためには、相続財産全体の評価額を減らすしかありません。そのために、生前に贈与等をおこなうことが有効です。次に、相続税評価額の引き下げ対策についてお伝えします。相続税法では、相続税・贈与税の計算における財産の課税価格を「財産の取得の時における時価」と規定しています。実務のうえでは、通常「財産評価基本通達」により評価していますが、財産評価基本通達では納税者への配慮から評価の安全性を考慮して、実勢価額より相続税評価額を低く設定しています。例えば相続税路線価は公示価格(実勢価額相当)の8割相当とされていますし、ゴルフ会員権や上場株式等についても実勢よりも評価が低くなるよう規定されています。したがいまして、一般的には現金や預金をもつよりも、借入金によりこのような実勢価額(時価)に比べて相続税評価額が低い財産を所有するほうが、相続税評価額が下がり、相続税の負担も少なくなると考えられています。ただし、相続財産の過半をしめることの多い土地については注意が必要です。土地の諸条件によっては現実に売買可能な土地価額(実勢価額)が、相続税路線価に基づく評価額より低い場合もあります。また、建物の相続税評価については固定資産税評価額が用いられますが、これも現実の市場価値(時価)の方が下回っているケースが多々あります。こうしたケースでは、不動産鑑定士の鑑定評価が有用となりますので、気になるお客さまは、当鑑定所の無料相談を一度ご利用ください。必要に応じて税理士・弁護士と連携して支援させていただきます。

遺産分割無料相談サービス【不動産鑑定/東京】

相続税法が改正され、基礎控除枠が大幅に縮小される等により、相続税の申告納税者がかなり増えています。相続発生後の相続人間でおこなう遺産分割協議書への署名捺印がすべて終わると、遺産分割協議は完了し、特別な事情がない限り再分割はできませんから、相続人全員が各財産の価値をしっかりと把握したうえで、分割することが重要です。なお、ここで特別な事情というのは、協議な中で強迫や詐欺等があった場合です。このような場合には、例えば遺産分割無効確認訴訟をおこすことによって一度完了した遺産分割協議を取り消すことができます。ここで、各財産の価値をどのように把握するかは後日のトラブル防止のためにも慎重に判断しなければなりません。協議完了後に相続税の申告が控えている場合等は、安易に相続税の財産評価基本通達等に基づく価格=財産価値と決めてしまいがちですが、相続財産の中に不動産が含まれる場合には特に注意が必要です。相続税等の税務対策を念頭に置きつつ、遺産分割の検討をすすめることは大切ですが、不動産の価値を把握する作業と相続税の計算とは切り離して考えなければなりません。というのは、相続税の申告にあたって、通常おこなわれている相続税路線価による土地評価(財産評価基本通達に基づく評価)は、あくまで相続税額の計算を目的とするものだからです。相続税路線価による土地評価は、誰でも簡単に計算ができるよう国税庁が提供している簡便かつ機械的な評価方法であって、不動産の市場価値、交換価値を把握するためのものではありません。不動産、とりわけ土地については一つ一つ個性が強く、相続税路線価による土地評価のみならずインターネット上で行われている不動産仲介を目的とした一括無料査定等では、一般的にその適正な価値を把握することはできません。遺産を分けるにあたって後日の争いが生じないよう把握すべきなのは、不動産の市場価値、交換価値ですから、多少の費用はかかるかもしれませんが、不動産評価の専門家である不動産鑑定士に相談されるのが無難です。不動産鑑定を利用することで後々のトラブルを未然に防止することができるのです。
ご不安を抱えるお客さまは、当鑑定所の無料相談サービスを一度ご利用ください。必要に応じて、弁護士・税理士と連携し、最善の提案、支援をさせていただきます。

不動産の財産分与無料相談サービス【不動産鑑定/東京】

離婚の際の財産分与においては、自宅等の不動産価格いかんが問題となることがよくあります。なぜかといいますと、不動産の価格は多義的だからです。言い換えますと、不動産の評価をおこなう方法はひとつではないからです。不動産の評価は、様々な評価目的を背景に、様々なひとが、様々な判断に基づきおこなわれているのです。同一の不動産であっても、それぞれの評価額が一致することはありません。自宅等の不動産は一般的には高額で、総財産に占める不動産の割合は高いと考えられます。したがいまして、この不動産の価格、価値がどの程度かという点について、当事者間の認識がずれているとなかなか決着がつかないのです。それでは、いったいどの評価を信用すればいいのでしょうか?不動産評価には、課税目的の固定資産評価、不動産仲介目的の不動産業者見積査定等がありますが、どれが正しく、どれが誤りということはありません。それぞれの評価目的に即して、適切に評価(計算)された価格であれば、その目的内においては正しい価格といえるのではないでしょうか。それでは、財産分与に際して一番適した評価方法は何でしょうか?それは、国で唯一、不動産価格の専門家と認められた不動産鑑定士による不動産鑑定評価にほかなりません。固定資産評価は、毎年役所から納税通知として届きますので、最も身近な不動産評価といえるでしょう。役所がおこなった評価という面では、信頼性は高いといえるかもしれませんが、そもそもこれは課税を目的とするものです。役所の職員が計算しやすいように作成された評価基準に基づく簡便的なものですから、不動産の市場価値、交換価値を意味するものではなく、鑑定評価額とは大きなかい離があるのが通常です。また、仲介業者の無料査定は、仲介依頼の受注を前提にした無料サービスですので、高目に査定されることが多いのが実情です。いずれも無料で手に入るものですが、一生に一度あるかないかの財産分与で採用するのはおすすめできません。不動産評価のいかんによって当事者間に多大な損得が生じてしまいますので、安かろう悪かろうでは困ります。多少の費用はかかるかもしれませんが、財産分与のような重要な場面においては不動産鑑定士に鑑定評価を依頼されることをおすすめします。また、不動産価格が原因で離婚協議が長引いている場合は、不動産鑑定を利用することで早期解決にもつながるでしょう。 ご不安を抱えるお客さまは、当鑑定所の無料相談サービスを一度ご利用ください。必要に応じて、弁護士・税理士等の各専門家と連携し、最善の提案、支援をさせていただきます。

グーグルストリートビュー - ことぶき不動産鑑定所▲トップ

まだストリートビューは登録されていません。

ストリートビューの位置は店舗情報変更から登録していただけます。

なび特派員の推薦記事▲トップ

情報更新履歴

情報確認日:

これ以降情報が変わる可能性が有ります。

情報登録履歴

こちらの情報は特派員が上記日に情報を調べ足しました。情報が変わった場合はお手数ですが下の店舗情報変更より情報の変更をされるかお問い合わせよりお知らせお願いいたします。こちらで変更いたします。

ご注意ください下記情報は、上記事業者とは関係ありません。関連他社のご近所サーチ結果です。

近くの関連他社▲トップ

業種別アクセスランキング▲トップ

キーワード検索▲トップ

掲載事業者(ことぶき不動産鑑定所)様へ▲トップ

なび東京の情報掲載は全て無料です。みんなにことぶき不動産鑑定所様のことをもっと知ってもらえるよう情報発信しませんか。

・店舗情報(営業時間、業種など)
・紹介文・写真・SNS(ツイッターなど)
・商品登録・予約情報・求人情報 など

下のボタンから全て無料で掲載していただけます。

登録規約』はこちらにございます。

情報変更はこちらからです。

※情報掲載についてのご質問などは、お気軽にお問い合わせください。

なびゲーション

閲覧履歴(最近見たページ)


報告フォーム

この事業者が移転もしくは閉店していた場合はお知らせください。営業時間の入力/訂正も。