http://で始まるこのページは保護されていません。SSLページに移動する。

なび東京 >  東京都 出版関連 >  文京区 >  音羽 >  講談社 - 広報室

講談社 - 広報室

〒112-0013
東京都文京区音羽2丁目12−21
ホームページ
スポンサード リンク1(PC)

ボタンを押して投票に参加しよう!

お薦め!
利用したい
アクセス1回(過去30日)口コミ 0件 お薦め 1票 利用したい 0

店舗情報 講談社 - 広報室

スポンサード リンク2(PC)

紹介文 講談社 - 広報室

こちらの紹介文は編集できます。なびシリーズでは無料で店舗やサービスの宣伝ができます。

店舗情報登録/変更はこちら(無料)

写真 講談社 - 広報室

写真を投稿してね!

文京区の皆さま、講談社 - 広報室様の製品・サービスの写真を投稿しよう。(著作権違反は十分気をつけてね)

写真投稿はこちら
スポンサード リンク3(PCx2)

口コミ 講談社 - 広報室

口コミを投稿して事業者を応援しよう!

講談社 - 広報室様の好きなところ・感想・嬉しかった事など、あなたの声を文京区そして日本のみなさまに届けてね!

利用規約(投稿に際しての注意事項)を必ずお読みいただいてから送信してください。

商品紹介 講談社 - 広報室

リクエストしてね!

講談社 - 広報室様に商品やサービスを紹介して欲しい人が多数集まったら「なび特派員」が講談社 - 広報室にリクエストするよ!

商品紹介・サービス紹介をリクエスト

なび特派員記事 講談社 - 広報室

ウィキペディア 引用
創業者の野間清治により、1909年(明治42年)11月に「大日本雄辯會」(だいにっぽんゆうべんかい)として設立される。当初は弁論雑誌である『雄辯』を出版していた。「講談社」の名称はその名の通り「講談」に由来するもので、『講談倶楽部』を創刊した1911年(明治44年)から大日本雄辯會と併せて使用した。評論家の徳富蘇峰は、戦前の少年や青年たちに大きな影響を与えた講談社を「私設文部省」と評した。

出版業界も表の顔を裏の顔が色々とあるようです。
フライデーは講談社ですし、言論の自由とプライバシーの侵害は対立するところがあるのではないでしょうか。いずれにせよ出版業界は資本主義の尖兵の感じがあります。
特派員

関連URL

スポンサード リンク4(PCx2)

近隣の同業他社

スポンサード リンク5(PCx2)
スポンサード リンク6(PC)

関連カテゴリー

▼もっと見る

閲覧履歴(最近見たページ)

掲載事業者様へ

なび東京の情報掲載は全て無料です。みんなに講談社 - 広報室様のことをもっと知ってもらえるよう情報発信しませんか。

・店舗情報(営業時間、業種など)
・紹介文・写真・SNS(ツイッターなど)
・商品登録・予約情報・求人情報 など

下のボタンから掲載していただけます。

店舗情報登録/変更はこちら(無料)
スポンサード リンク7(PC)
閉じる

出版関連

閉じる
閉じる